魚体中骨抜き器販売中

2014年09月05日

魚市場のヘリコイドシステム

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 100キロ、イナダ 85キロ
       ウルメイワシ 100キロ、小サバ 70キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 470キロ、ウルメ 95キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 60キロ ほか
「江の安」定:ウルメイワシ 30キロ ほか
「二宮」定置:サバ 150キロ、ヤマトカマス 330キロ
       マルソウダ 130キロ、小サバ 240キロ
「福浦」定置:サバ 180キロ、マイワシ 340キロ
「大磯」定置:アジ 170キロ、小サバ 1.6トン

 伊豆方面からは、
「熱海丸網」:ヤマトカマス 50キロ、マルソウダ 50キロ
「西伊豆釣」:釣スルメイカ 80キロ、釣イサキ 30キロ
「沼津釣船」:釣タチウオ 70キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 160キロ
「片瀬釣船」:釣カツオ 180キロ
「茅ヶ崎船」:生シラス 40キロ
「国府津船」:生シラス 30キロ
「湘南地引」:生シラス 10キロ

和歌山 ・・・ 釣キハダ 380キロ、釣カツオ 170キロ
               釣キンメダイ 170キロ

定置網のあまりの魚の減り具合に、頭クラクラ。目玉もグルグル。魚屋と言えば、注文受けた魚が高くて買えずにVertigo状態。魚市場も魚が集まらない市場となれば、評価下落で、集客&魚価下落という負のスパイラル。まったくイイトコないかといえば、そうでもなくて、魚少ない=帰りが早い。
かと思っていれば、伊豆から「ヤマトカマス」が大量到着で一斉箱詰め開始。ヒーコラやり続けで終わったのは、昼を大きく回った頃。
おかげで体まで「クラクラ」「フワフワ」「グルグル」感。

今日のイセエビ・・・ 100キロ
posted by にゃー at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック