2018_fespos.jpg

2014年09月19日

魚市場支配からの卒業

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:マルソウダ 2.6トン、ハガツオ 300キロ
       ヤマトカマス 200キロ、小サバ 280キロ
       イナダ 90キロ、小イサキ 250キロ
「 岩 」定置:小サバ 1.7トン、ヤマトカマス 2トン
       マルソウダ 230キロ、シイラ 100キロ
「原辰」定置:マルソウダ 540キロ、サバ 90キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 290キロ、小サバ 1.5トン
「福浦」定置:イナダ 330キロ、ヘダイ 80キロ
「大磯」定置:小サバ 520キロ、小イサキ 160キロ
       ヤマトカマス 170キロ、イナダ 80キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 10.1トン ほか
「赤沢定置」:シイラ 320キロ、マルソウダ 150キロ
       小イサキ 110キロ、ヤマトカマス 230キロ
       小タカベ 150キロ
「沼津底曳」:マダイ、イトヨリ ほか
「西伊豆釣」:釣スルメイカ 70キロ、釣イサキ 30キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 70キロ、マイワシ 80キロ
       ウルメイワシ 60キロ
「腰越定置」:小アジ、ウルメイワシ ほか

盗んだターレで走り出す。お届け先も解らぬまま。
と、言うことで、築地を今朝も迷子の男です。
真鶴の「イナダ」は今朝もその量を増して、ますますヒートアップ。
サイズもアベレージ2キロ後半で、ナイスプロポーション。脂乗りも最高とかで、高まる人気、そして低まる価格。
このお買い得品を手に入れずに、我が家を守る銃後の夜の飯が喰えるかと。

今日のイセエビ・・・ 80キロ
posted by にゃー at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック