2014年05月17日

サガミソコダラ

hentara_kazumaru.JPG
沼津の底曳き網に入っていた「ソコダラ」の仲間。


大きさとしては10センチに満たないサイズであり、商用利用の方法もほぼ無いと言える大きさである。
相模湾では今まで見かた事のない魚であるが、名前から推察するに地元の深海にも泳いでいるのだろう。スレてしまって鱗もほとんど残っておらず、また吻先の尖りも僅かに確認できるだけだが、発光器の数やら腹側の鱗の有無などで同定する事が出来た。

今回は完全な雑魚扱いで捨てられてしまっていたが、今後、もっと大きなサイズが獲れてくれば、地元で獲れる「トウジン(ゲホウ)」や「イバラヒゲ」などとともに市場に並ぶこともあるかも知れない。
ラベル:深海魚 珍魚
posted by にゃー at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック