魚体中骨抜き器販売中

2014年11月22日

魚市場以下略

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ハガツオ 550キロ、サバ 410キロ
       小サバ 360キロ、アカカマス 210キロ
       イナダ 120キロ、ヒラソウダ 180キロ
       アジ 100キロ、ヤマトカマス 90キロ
       ウルメイワシ 80キロ、メアジ 80キロ
「石橋」定置:イナダ 560キロ、ハガツオ 650キロ
       ヒラソウダ 290キロ、サバ 240キロ
       マルソウダ 130キロ、ウルメ 80キロ
       アカカマス 100キロ、メアジ 90キロ
「 岩 」定置:小サバ 200キロ、メアジ 120キロ
       アカカマス 50キロ、アジ 40キロ
「原辰」定置:マルソウダ 60キロ、メアジ 50キロ
「江の安」定:サバ 180キロ、アカカマス 60キロ
「二宮」定置:アジ 360キロ、アカカマス 130キロ
       サバフグ 80キロ、サバ 180キロ
「福浦」定置:イナダ 770キロ、カワハギ 110キロ
       ショウゴ 110キロ
「大磯」定置:小イシダイ、サバ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 770キロ、ハガツオ 300キロ
       ウスバハギ 100キロ
「川奈杉本」:クロマグロ 180キロ(3本)
「沼津釣船」:釣クロシビカマス 70キロ
「西伊豆釣」:活ヤリイカ 110キロ
「富戸刺網」:活イセエビ 30キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 230キロ
「湘南沖曳」:生シラス 40キロ
「国府津船」:生シラス 30キロ

ってくらいに「イカ」が出た。伊豆周りで「スルメイカ」が獲れるのは冬の風物してはあるが、今年はどうやらご多分に漏れず早めの回遊で、穫れ始めているらしい。
今朝は「真鶴」の定置網でまとまったようで、今年は残すところあと一ヶ月、何度か暮れにかけての「イカ」フィーバーが期待できそうだ。
posted by にゃー at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック