魚体中骨抜き器販売中

2014年12月27日

魚市場からアジーレお別れ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 130キロ、ウルメイワシ 100キロ
「石橋」定置:サバ 160キロ、ウルメイワシ 110キロ
       活イシダイ 70キロ
「 岩 」定置:ウルメイワシ 130キロ、カタクチ 90キロ
       活ショウゴ 40キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 50キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 70キロ、タチウオ 60キロ
「福浦」定置:スルメイカ、ウルメイワシ ほか
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「網代刺網」:活イセエビ 30キロ

小田原 ・・・(釣)アブラボウズ 250キロ(5本)

「アジ」っ気まるで無し。これは困った。
困ったと言えば、香港で走行中の現金輸送車から約5億円が道路に落ち、多くの人が群がって拾ったと言うが、今だに一億円あまりが戻らないという。
魚市場の中で買った魚を運ぶ際、市場内の凸凹に揺られ、台車から魚をぶちまけてしまう人がたまにいるが、多くの場合、周りの人も協力して拾い集め、盗まれるなんと言うことはまずない。あたりまえだが。

そして拾い放題の札束がココにも
◎ジャスタウェイ
○ゴールドシップ
▲ラストインパクト

皆さんに幸運を!


今日のヒラメ・・・ 274枚
posted by にゃー at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック