2018_fespos.jpg

2015年01月09日

魚市場に雲助、風呂に三助

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 8.1トン、カタクチ 540キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マイワシ 9トン ほか
「原辰」定置:マイワシ 2.5トン、カタクチ 200キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:スズキ、タチウオ ほか
「大磯」定置:マイワシ 1.5トン、イボダイ 110キロ
       カタクチイワシ 170キロ

 伊豆方面からは、
「沼津釣船」:釣タチウオ 120キロ
「北川定置」:スルメイカ 1トン

連休を前にして魚が急増っ!
黒板に並ぶ「トン」の文字を見て「やった」と喜びかけたものの情報を確認してみれば、網の中心は「ヒラゴイワシ(小型のマイワシ)」、というより「イワシ」のみ。
20141229_oshimouth.JPG他魚種についてはご覧の通り少ないままで、週末を前にして全体的に相場は高騰中。「ヒラメ」や「ヤリイカ」など、ついこないだまで多めに獲れていた魚すら減った中では、セリをしても少ない地魚を取り合う様相で、となれば自然に相場は上昇します。というより多めに獲れていた時は相場が低めなので、ようやく普通に戻ったと言うべきか。
いずれにしても魚が無ければ商売にならない現代の一心太助たちは、お金を出すしか生きる道はないようです。

今日のヒラメ・・・ 105枚
posted by にゃー at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック