2018_fespos.jpg

2015年01月14日

魚市場はイワシテロとの戦争

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 8.9トン、アジ 250キロ
       カタクチイワシ 290キロ、サバ 1.2トン
       小サバ 160キロ、ヤリイカ 50キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マイワシ 1.4トン、サバ 90キロ
「原辰」定置:マイワシ 3.2トン、サバ 65キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 100キロ ほか
「大磯」定置:マイワシ 3.3トン ほか

 伊豆方面からは、
「沼津釣船」:釣タチウオ 170キロ ほか

「マイワシ(ヒラゴ)」パティーンに変わりなく、量的な増減はあれども、主なる顔ぶれにブレは無し。相場的には水曜日という事も加味しても多少の下降も、魚種少なく競争原理働いて限定的。
この時期、魚があるってだけでも奇跡と言える状況であり、今後魚が増えるか減るか判断が難しいところではあるが、この小魚を追って何か大きな魚が追いかけて来て、あわよくば網に入ってくれればいいなあ〜と言うような女学生が持つ淡い幻想に近い期待でしかないのだが、今のところその影すら見えないのが実情であります。

今日のヒラメ・・・ 24枚
posted by にゃー at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック