2015年01月15日

用事が無くても魚市場へ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:マイワシ 21トン、サバ 800キロ
       小サバ 120キロ
「 岩 」定置:マイワシ 1トン、サバ 220キロ
「原辰」定置:ショウゴ、サバ ほか
「江の安」定:マイワシ 200キロ、サバ 110キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 190キロ ほか
「大磯」定置:マイワシ 710キロ ほか

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヤリイカ 30キロ ほか
「富戸刺網」:活イセエビ 40キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 70キロ

大島 ・・・(釣)アコウダイ 80キロ

冬の市場は寒いので、この時期になると場内の練り物屋さんの片隅にストーブが出て、その上に「鍋入おでん」が乗っていたものだった。場内に楊枝をくわえた人がいたものだったが、その人たちは楊枝を品物の中へ入れたり、魚に突き刺す事もしなかった。ただ最近は練り物屋さんの廃業や衛生問題などもあって、とんと見掛けなくなった。寂しい事であるが、これも時代の流れでしょうか。
さて、今朝は久々に「石橋」定置が水揚げ。当然の「マイワシ」主体でボリュームあったものの、他の定置はそろそろ息切れの傾向か?
定置網の組成に変化はないが、今朝は港に釣りものの「アコウダイ」が水揚げられたり、伊豆から釣りものの「地キンメ」が入荷するなど、少しザワザワとした感じもあった。

今日のヒラメ・・・ 91枚
posted by にゃー at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック