2018_fespos.jpg

2015年02月02日

魚市場の西南西に何がある

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小アジ 150キロ、サバ 2トン
       小サバ 1.2トン、カタクチイワシ 5.8トン
       マイワシ 230キロ、スルメイカ 90キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マイワシ 110キロ、タチウオ 60キロ
       カタクチイワシ 320キロ
「原辰」定置:サバ 350キロ、カタクチイワシ 1.6トン
「江の安」定:カタクチイワシ 3トン、マイワシ 800キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ、ヤリイカ ほか
「大磯」定置:カタクチイワシ 140キロ、マイワシ 60キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 280キロ、イナダ 150キロ
       スルメイカ 50キロ
「網代定置」:ブリ 440キロ(50本)
「熱海丸網」:カタクチイワシ 90キロ ほか

根府川 ・・・ 釣アブラボウズ 150キロ(2本)

つーっと言ったところに沼津がある。もう少し南へ進路を取ると伊豆がある。
伊豆には昨日あたりから「ブリ」が続々と獲れているらしい。今朝もその一部が市場に入荷したが、明日以降も徐々にその群れが北上してくることが期待されている。この群れの魚は10キロ超えも混じり、なかなかの太りを見せ、魅力ある魚であり、この魚の少ない2月にあって貴重な売り上げとなる大型魚の一つである。
近いうちに小田原の港で大量水揚げ!の報告ができたらと思うのだが、鬼が笑わないうちに獲れて欲しいと願っている。

今日のヒラメ・・・ 178枚
posted by にゃー at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック