魚体中骨抜き器販売中

2015年02月12日

魚市場にもうすぐ春ですね

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 70キロ、スルメ 30キロ
       活イシダイ 40キロ
「石橋」定置:ウルメイワシ 70キロ、ヒラマサ 80キロ
「 岩 」定置:アジ 120キロ、サバ 110キロ
       スルメイカ 60キロ
「原辰」定置:サバ 若干
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 1.1トン ほか
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 230キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 40キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:ブリ・ワラサ 90キロ(12本)

20150212_masass.jpgまさかの「ヒラマサ」が出てきました。「ブリ」のシーズンを飛び越した感のある「ヒラマサ」の出現に驚きを隠せませんが、群れの規模から言っても単発的なもので終わると思われますが、昨日の南風もあってもう少し魚が増えると思っていたところに、この少なさですから、すっかり意気消沈してしまいました。まだまだ休漁している網も多く、明日以降も急に魚が増えることは期待できなさそう。しばらくは辛抱なのかもしれません。
辛抱と言えば、3年後の今頃には開催されているはずの通称「ヒラマサ・オリンピック」ことお隣、韓国で開催予定の「平昌冬季オリンピック」。最近のニュースによれば「スキーの滑降コースでは予定地内の10戸がまだ立ち退いていないために工事が進まず、来年2月のテストイベントの開催が困難に・・」とか。成田空港の工事じゃないんだから、30年経っても解決しないなんて事にならなければ良いのですが。

今日のヒラメ・・・ 244枚
posted by にゃー at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック