魚体中骨抜き器販売中

2015年02月16日

クサンジョ(キュウリエソ)

20150216_kusanjo.JPG
全長3〜4センチの小さな魚


「クサンジョ」の名前の由来は「くさいから」。
「キュウリエソ」の名前の由来は「キュウリのにおいがするから」。

どんな魚か、だいたい想像つきました?

キュウリのにおいのする魚を思い出す時、まず第一位に思いつくのがその名も「キュウリウオ」であろう。次いで初夏の川を青臭く彩る「アユ」(スイカのにおいという人も多いが)、 そしてこの「キュウリエソ」というくらい”日本三大胡瓜臭魚”の代表選手である。といってもほとんどの人が名前も聞いたこともないと言うだろう。

当然、獲れても食用になることもなく、世間で知る人も少ない極めてマイナーな魚種であるが、ここ小田原ではこの時期、比較的定置網で見かけることの多い魚である。

ひょっとして一部の人は、名前を聞いて「どこかで聞いたような?」と思う人もいたかもしれない。
それはおそらくコレ→2010年10月10日放送の「NHKスペシャル」である。

この中で、「キュウリエソ」が日本海における生態系の下位を支える重要種であることが報告され、その存在がほぼ世界で初めて注目された。
おそらくは太平洋でもほぼ同じ事が言えており、相模湾でも「キュウリエソ」は同様の位置を占めていると考えられる。
ただ年によって漁獲の多少にばらつきがあり、生態や分布域も含めまだまだ不明な点が多く、また研究する人も少ない。

とはいえ相模湾の生態系の下位を支える魚として、「アジ」や「サバ」、「ブリ」と言った食用魚の成長に貢献する重要な存在であることは間違いなく、間接的に我々の食卓も支えていると言えるのである。

この時期に獲れる魚として先日は「ケンケラケン」を紹介したが、この他にも今朝は
20150216_hadaka03.JPG20150216_hadaka01.JPG
20150216_hadaka02.JPG20150216_kinmod.JPG

左上から順に「ハダカイワシ」、右上「アラハダカ」、左下「スイトウハダカ」、右下「キンメモドキ」が獲れていた。

これらの種類も餌となり、多くの魚のお腹を満たし、間接的に我々のお腹も満たしてくれているのである。
「ハダカイワシ」は一夜干しや唐揚げでそのまま食べる人もおりますが・・・。
posted by にゃー at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック