魚体中骨抜き器販売中

2015年02月19日

107の魚市場が大漁になる頃

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 410キロ、サバ 160キロ
       ホウボウ 130キロ、メイタカレイ 60キロ
「石橋」定置:サバ 100キロ、ホウボウ 110キロ
       メイタカレイ 50キロ
「 岩 」定置:アジ 110キロ、イナダ 50キロ
       スルメイカ 50キロ、ホウボウ 60キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:イシダイ 30キロ、サバ 30キロ
「二宮」定置:アジ 140キロ、タチウオ 80キロ
       ホウボウ 40キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:カタクチイワシ 210キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 480キロ
「山下丸網」:サバ 170キロ、アジ 45キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:ブリ 110キロ(16本)、サザエ 40キロ

小田原 ・・・(素潜)マナマコ 150キロ

今朝の水揚げを見て、観察力のある人なら気が付くでしょう。
魚の種類が増えてきた事。量こそ低調ではあるが、少しずつ水揚げが上向きに変わりつつあることに確信を抱く時。
来週の週頭、アカデミー賞が決まった頃、港は魚であふれていることだろう。

今日のヒラメ・・・ 552枚
posted by にゃー at 12:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(魚市場ブログ)で検索、トップページのトップから、まさかのスタメン落ち、してますな
なぜだ、、ヒラメもホウボウも浮き足立って、無ければ。話変わりまして、小田原のカマス開きの味がわすれられないんです、マジ旨い!カタクチの乾煎りでチト飲み過ぎ真下、反省m(_ _)m
Posted by 小田原お天気カメラ at 2015年02月19日 22:42
小田原は干物もあれば、蒲鉾もあり、鰹節もある。
塩辛もあれば、外郎も梅干しもあって、お城もある。
こんな良い街あるかしら。
飲み過ぎ結構、食べ過ぎ結構、主治医の確保はお忘れ無く。
Posted by にゃー at 2015年02月23日 11:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック