2015年03月05日

魚市場で世紀の空売り

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 1トン、サバ 380キロ
       マイワシ 4.4トン、小サバ 560キロ
       ホウボウ 310キロ、ウマヅラハギ 90キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 430キロ、ホウボウ 130キロ
       ブリ 2本、アジ 40キロ
       マイワシ 240キロ、小サバ 360キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 180キロ、サバ 70キロ
「江の安」定:アジ 370キロ、サバ 1.4トン
「二宮」定置:サバ 400キロ、イシダイ 200キロ
       スズキ 380キロ、ホウボウ 200キロ
       小サバ 440キロ
「福浦」定置:サバ 280キロ ほか
「大磯」定置:サバ 300キロ、カタクチイワシ 200キロ
       マイワシ 140キロ、小サバ 100キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 150キロ、サワラ 65キロ(13本)
       スズキ 100キロ、ホウボウ 770キロ
「川奈杉本」:メジナ 50キロ ほか

売り売り売り〜と、売っても売っても魚が次から次に出てくると思われんばかりの獲れ具合。
まさに魚市場の盛期がやってきた感じ。春の「アジ」に代表される旬の魚が目白押しで芋洗い。
水温も上昇してきて、まさに今、魚市場の注目度はうなぎ昇りなのである。
特に注目は「真鶴」の「サワラ」であろう。型の良い「サワラ」が獲れており、今後も続くようなら春の大獲れが期待される。同じく「イナダ」も見えており、遡って見た時に今日という日が、トレンドの転換点としての重要なポイントになる日なのかもしれない。

今日のヒラメ・・・ 502枚
posted by にゃー at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック