2015年03月07日

第二のホームは魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 180キロ、小サバ 2.7トン
       サバ 1.4トン、カタクチイワシ 1.2トン
       ホウボウ 220キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 330キロ、ホウボウ 180キロ
       スルメイカ 100キロ
「原辰」定置:サバ 1.5トン、カタクチイワシ 600キロ
       小サバ 2.2トン
「江の安」定:カタクチイワシ 190キロ ほか
「二宮」定置:サバ 730キロ、小サバ 1.1トン
       ホウボウ 180キロ、イシダイ 150キロ
       ブリ 110キロ(16本)
「福浦」定置:スズキ 150キロ、ブリ 60キロ(8本)
「大磯」定置:カタクチイワシ 250キロ、サバ 60キロ

小田原に住む人間が、小田原の海や小田原の魚を応援するように、ホームタウンのサッカーチームを応援する気持ちも持ちたいと思う。
プロサッカークラブは日本でまだいくつもなく、そのトップリーグで活躍するチームがあるという誇りと存在を含め、この恵まれた環境を喜ばない理由がない。
なぜなら、かつて「ブリ」の大漁で名を馳せた小田原の海、相模湾の一歩先を行くという意味の「ベル(=ブリの一文字ずらし)」と海を意味するイタリア語の「マーレ」を組み合わせたチーム名は、まさに小田原が真のホームであることを暗示しており、次から次へと「ブリ」が水揚げされた勢いそのままに得点を重ねるという期待が込められているのである。今年、今までと違う角度でチームを応援すれば、またひとつ新たな楽しみとささやかな喜びを得ることができるだろう。

今日のヒラメ・・・ 440枚
posted by にゃー at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック