2018_fespos.jpg

2015年03月09日

魚市場の仮名頭は「う」

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 1トン、ホウボウ 440キロ
       小サバ 1.3トン、アジ 560キロ
       カナガシラ 350キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ホウボウ 670キロ、サバ 100キロ
       スルメイカ 80キロ
「原辰」定置:サバ 390キロ、小サバ 70キロ
「江の安」定:サバ 490キロ、ホウボウ 70キロ
「二宮」定置:ホウボウ 580キロ、小サバ 840キロ
       ウマヅラハギ 260キロ、サバ 200キロ
       ブリ・ワラサ 45キロ(13本)
「福浦」定置:サバ 460キロ ほか
「大磯」定置:サバ 420キロ、小サバ 320キロ
       マイワシ 90キロ

スマートで真っ赤に輝く魚体が美しい「ホウボウ」の後ろに控えしは、朱色の魚体にザラザラ鱗、ちょっと四角い顔が目印の「カナガシラ」。今朝は「米神」の定置に珍しくまとまった。滅多矢鱈に大獲れの無い魚だが、そういう時こそ楽しみたい味である。ちなみにコイツは漢字で書くと「金頭」。おそらく命名者は、ゴツイ頭を見て「大木金太郎」をイメージしたのかもしれない。
さて周辺の「定置網」には「サバ」も多く入り、またも魚の様子が変わりそうな気配である。
あとは「アジ」が大きくなってくれば春らしさが出てくるのだが、他にどんな役者が顔を出すかも含め、明日の嵐に少しだけ期待をしてみたい。

今日のヒラメ・・・ 563枚
posted by にゃー at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック