2018_fespos.jpg

2015年03月13日

魚市場のある港の西北

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 120キロ、スルメイカ 90キロ
       ホウボウ 80キロ
「石橋」定置:サバ 120キロ、スルメイカ 70キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 140キロ、イシダイ 150キロ
「原辰」定置:サバ 200キロ、カタクチイワシ 180キロ
「江の安」定:サバ 270キロ、アジ 60キロ
「二宮」定置:活イシダイ 590キロ、サバ 200キロ
       ホウボウ 190キロ、小サバ 1.2トン
       ウマヅラハギ 140キロ
「福浦」定置:イナダ 11.8トン、ブリ 100キロ(12本)
       サバ 140キロ
「大磯」定置:サバ 500キロ、アカカマス 180キロ
       小サバ 440キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 160キロ、ホウボウ 80キロ

ずっとたどっていくと富士山があります。
で、今朝は「福浦」定置で「イナダ」が超新星爆発獲れ。
早い季節に獲れる「イナダ」をして、我々は「早稲田」と呼ぶ。
♪港の西南 真鶴の奥に 広がる定置は 福浦が定置。
われらが日ごろの 抱負を知るや 魚の精神 漁の独立
現世を忘れぬ 景気の理想 かがやくわれらが 北斗を見よや
イナダ イナダ イナダ イナダ イナダ イナダ イナダ〜

今日のヒラメ・・・ 258枚
posted by にゃー at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック