2015年03月16日

春闘の時、魚市場は春風駘蕩

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 170キロ、スルメイカ 130キロ
       アジ 60キロ
「石橋」定置:サバ 180キロ、スルメイカ 110キロ
       アジ 60キロ、カナガシラ 80キロ
「 岩 」定置:イシダイ 370キロ、サバ 70キロ
       ホウボウ 60キロ、スルメイカ 50キロ
「原辰」定置:サバ、カタクチイワシ ほか
「江の安」定:サバ 90キロ ほか
「二宮」定置:イシダイ 160キロ、アジ 100キロ
       サバ 110キロ、ホウボウ 90キロ
「福浦」定置:サバ 800キロ ほか
「大磯」定置:サバ 220キロ、カタクチイワシ 220キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 390キロ
「川奈杉本」:サバ、クロダイ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 70キロ

小田原  ・・・ (素潜)ワカメ  440キロ

一時、下がった水温も再び上昇に向かい、明日は4月下旬の暖かさだとか。雨が降り、気温も上がれば、魚も積極的に動き出すであろう。今週は連休も控え、桜の開花も間近と聞く。
小田原漁場には、型の良い「マアジ」が見え始めており、今後は群れの接近次第で一気に増えることも期待され、いよいよ春の魚シーズン到来となる予感がしてならない。

今日のヒラメ・・・ 745枚
posted by にゃー at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック