2015年03月24日

魚市場を考えるな、感じろ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 90キロ、サバ 240キロ
       スルメイカ 750キロ、小サバ 260キロ
「石橋」定置:アジ 340キロ、スルメイカ 360キロ
       サバ 170キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 590キロ、アジ 190キロ
       ボラ 100キロ
「原辰」定置:サバ、ヤリイカ ほか
「江の安」定:イシダイ、サバ ほか
「二宮」定置:イシダイ 110キロ、ホウボウ 40キロ
「福浦」定置:サバ 160キロ ほか
「大磯」定置:アカカマス 60キロ、サバ 90キロ
       カタクチイワシ 90キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 520キロ ほか
「熱海丸網」:アカカマス 40キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:活スズキ 60キロ
「江ノ島網」:活スズキ 90キロ
「二宮沖曳」:生シラス 若干

今年もロキソニンが活躍する季節がやってきました。過剰な活〆作業は体に毒です。整理運動をしてから寝るようにしましょう。そして、年に一度のお魚供養を忘れずに。
20150324_whiteknight.jpgさて、春の「生シラス」漁が始まりやした。これから春の本格化と共に「シラス」も成長し、大きさと美味しさを増していくことでしょう。そして、それにつれて獲る者のやる気は増大し、平行して買う者もソノ気になって値を上げてくるものと思わます。
定置網では「小田原アジ」が徐々に増えそうな予感。増えそうで増えないまま終わっていくのがここ何年かの傾向でしたが、今年は少し違うように感じます。何が?って。
・・感じます。

今日のヒラメ・・・ 336枚
posted by にゃー at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック