2015年03月28日

神々の魚市場、愛に恋い

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 180キロ、ヤリイカ 90キロ
「石橋」定置:サバ 140キロ、ヤリイカ 70キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 160キロ、サバ 290キロ
       ボラ 210キロ、ヤリイカ 70キロ
「原辰」定置:ボラ、サバ ほか
「江の安」定:サバ、イシダイ ほか
「二宮」定置:サバ 60キロ ほか
「福浦」定置:サバ 490キロ ほか
「大磯」定置:サバ 110キロ、アカカマス 60キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 150キロ、ヤリイカ 50キロ
       サバ 100キロ
「川奈杉本」:ボラ 140キロ、クロダイ 80キロ
「沼津底曳」:マダイ 40キロ、小イカ 60キロ

 東方面からは、
「二宮沖曳」:生シラス 20キロ ほか
「江ノ島網」:サヨリ 50キロ

小田原 ・・・(素潜)ワカメ 170キロ

「小田原アジ」が消えた今朝は、満を持して登場した代表常連の「サバ」たちの活躍もあって魚市場は辛勝した(何に?)。
20150328_okazu.jpgということで今朝はフラリと場内散歩。こちらの広島の「生カキ」と富山の「ホタルイカ」。どちらも魚の粒が大きく、品質やブランドに定評のある品物として流通している。当然、”濃”厚な味と食感を含めた味覚の評価も最上位にランクされ、ほぼ毎日完売している人気商品。フトその売り場に寄ってみたら、まだ残っていた。思わず週末という高揚感もあって即ゲット。
魚市場生活を続ける内にいつの間にやら、この時期にこれら全国の旬の味をも自然と欲してしまう体になってしまったというのだろうか。

今日のヒラメ・・・ 343枚
posted by にゃー at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック