2018_fespos.jpg

2015年05月01日

魚市場にブリギャル現る

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 290キロ、ヒラマサ 110キロ
       ブリ(ワラサ) 90キロ、サバ 80キロ
「石橋」定置:アジ 620キロ、ヒラマサ 90キロ
「 岩 」定置:アジ 2.6トン、ブリ(ワラサ) 1.5トン
       ヒラマサ 600キロ
「原辰」定置:アジ 300キロ ほか
「江の安」定:ヒラメ、イシダイ ほか
「二宮」定置:ブリ(ワラサ) 1.2トン、アジ 100キロ
       イシダイ 100キロ
「福浦」定置:ブリ 230キロ、ヒラマサ 100キロ
       スズキ 150キロ、イシダイ 190キロ
「大磯」定置:サバ 200キロ、アカカマス 60キロ
       カタクチイワシ 70キロ、小サバ 210キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ(ワラサ) 6.2トン(1090本)
       サワラ 200キロ
「山下丸網」:イナダ 680キロ、サバ 150キロ
「熱海丸網」:アカカマス 300キロ、アオリイカ 40キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 40キロ
「下田釣船」:釣キンメダイ 340キロ
「沼津釣船」:釣オオクチイシナギ 110キロ
「西伊豆釣」:釣ヒラメ、釣ヒラスズキ ほか

 東方面からは、
「二宮沖曳」:生シラス 60キロ

大島釣船 ・・・ 釣キハダ 400キロ(28本)

かれこれ一ヶ月以上前から続いてますが・・・。
「ブリ(ワラサ)」vs「アジ」の勢力争いに「ヒラマサ」、「イナダ」の青物たちに「キンメダイ」や「キハダ(マグロ)」まで加わって大乱戦の様相。もはやこうなるとどれを買ったら良いのか迷い過ぎて、照準が定まらなくなるパターン。
あれこれ買い続けるうちに青物、白身、色物、マグロ、上物から雑魚まであらゆる階級制覇して、まさに小田原のパッキャオになる日も近い?

今日のヒラメ・・・ 302枚
posted by にゃー at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック