2018_fespos.jpg

2015年05月02日

迷える大ブリは魚市場に

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ 8.4トン、サバ 80キロ
「石橋」定置:アジ 1.1トン ほか
「 岩 」定置:ブリ 1.3トン、スルメイカ 70キロ
「原辰」定置:アジ 280キロ ほか
「江の安」定:アジ、サバ ほか
「二宮」定置:ブリ 2.8トン、アジ 50キロ
「福浦」定置:サバ 120キロ ほか
「大磯」定置:アカカマス 220キロ、サバ 400キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 19.6トン、アジ 170キロ
「川奈杉本」:アオリイカ、クロダイ ほか
「熱海丸網」:アオリイカ 40キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 40キロ

 東方面からは、
「走水刺網」:活マコガレイ 30キロ

黒潮に乗ってきた上り組か、それとも北から下りてきた下り組か、はたまた相模湾の引きこもり組か、とにかく相模湾周辺の定置網の入り口には「ブリ(ワラサ)」が大渋滞を作っているようだ。とうとう本日の「ブリ(ワラサ)」総水揚げは5591本に達し、近年の最高を記録した。
今年は何度も言うが異常なくらいに「ブリ(ワラサ)」が獲れ続けている。4月には終わるだろうと思っていたが、とうとう5月になっても獲れ続けている。
さすがに大型連休明けには消えるだろうと思っているが、このまま梅雨の頃には・・夏休みが始まる事には・・夏が終わる頃には・・と続く事は・・、祈らないでおこう。

今日のヒラメ・・・ 237枚
posted by にゃー at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック