魚体中骨抜き器販売中

2015年05月06日

マアジ大いに湧く魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 180キロ、サバ 760キロ
       スルメイカ 160キロ、ヒラマサ 270キロ
「石橋」定置:アジ 520キロ、スルメイカ 100キロ
「 岩 」定置:アジ 390キロ、スルメイカ 100キロ
       ワラサ 4.9トン(962本)、サバ 360キロ
「原辰」定置:アジ 210キロ ほか
「江の安」定:アジ 150キロ ほか
「二宮」定置:アジ 360キロ、サバ 80キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 2トン、アカカマス 250キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ワラサ 3.3トン、サワラ・サゴシ 160キロ
「赤沢定置」:イサキ 270キロ、サバ 150キロ
       小サバ 240キロ、カタクチイワシ 620キロ
「沼津底曳」:釣マダイ 80キロ ほか

和歌山 ・・・ 釣キンメ 270キロ、釣キハダ 370キロ

2連休明け、旗日の臨時開市日。まだ「岩・真鶴」方面では「ブリ(ワラサ)」が残っているが、すっかり小田原の周辺定置網は「小田原アジ」一色に染まりつつある。
目廻りも300グラム前後と100グラム前後とに分かれたこの「アジ」の群れは、網によって完全に分かれており、群れの規模がまだ小さい事を想像させるが、これだけ各地の網に入ってきているとなると、しばらくは継続的な入網が予想されるし、安定した漁獲も期待される。
そして、いよいよ今週末にはここ小田原漁港で「あじ・地魚まつり」が開催されるとあって、祭りの主役である「小田原アジ」漁獲が上昇カーブを描き、ピークになりつつあるところで本番という絶好のタイミングを迎えようとしている。天気も良さそうだし、今年も大成功は間違いなさそうだ。
「サバ」も出始め、いよいよ初夏から夏の海の景色。海も市場も暑い日々が続く事だろう。

今日のヒラメ・・・ 100枚
posted by にゃー at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック