2018_fespos.jpg

2015年05月07日

ワラサが止まらない魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:ワラサ 11.9トン、サバ 50キロ
       アジ 270キロ、ヒラマサ 800キロ
「 岩 」定置:ワラサ 4.8トン、サバ 220キロ
「原辰」定置:アジ 430キロ、サバ 260キロ
「江の安」定:アジ、チダイ ほか
「二宮」定置:アジ 230キロ、サバ 110キロ
       ワラサ 1.3トン
「福浦」定置:ワラサ 2.8トン ほか
「大磯」定置:マルアジ 1.1トン ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 170キロ、ヒラマサ 160キロ
       ワラサ 17.5トン(3100本)
「川奈釣船」:釣キンメダイ 80キロ
「川奈杉本」:ヒラマサ 60キロ ほか
「下田釣船」:釣キンメダイ 890キロ
「沼津底曳」:マダイ 80キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 440キロ、ヒラマサ 60キロ

わっはっは。
大涌谷の立ち入り禁止は、噂が噂を呼んで、影響が箱根全体に拡がりつつあるようですが、行楽シーズンを迎えて、どうか早めに収束して欲しいと願うのみ。
あまり長く続くようなら、観光で持ってる箱根やその麓の小田原周辺地域も大きな影響を受ける事となり、安全以上にさらに生活の基盤を揺るがしかねない事態になることも懸念される。いったい誰が箱根山を苛つかせているのか、早いうちに落ち着かせておかないとその逆鱗に触れる事となり、いよいよ笑っていられなくなる。

今日のヒラメ・・・ 139枚
posted by にゃー at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック