2018_fespos.jpg

2015年05月16日

魚市場にブリ帝国の復興だ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 200キロ、ワラサ 4.7トン
       サバ 1.1トン、小サバ 1.2トン
       スズキ 100キロ、スルメイカ 80キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ワラサ 3.3トン ほか
「原辰」定置:サバ 100キロ、カタクチイワシ 70キロ
「江の安」定:アジ、カワハギ ほか
「二宮」定置:アジ 50キロ、サバ 80キロ
「福浦」定置:サバ 280キロ、スルメイカ 890キロ
       ワラサ 130キロ
「大磯」定置:アジ 100キロ、カタクチイワシ 1.7トン

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ワラサ 1.4トン
「富戸定置」:ワラサ 110キロ、ヒラマサ 140キロ
       アジ 300キロ
「川奈杉本」:クロダイ 20キロ ほか

まだまだ獲れてる「ワラサ」たち。そろそろ終わりか?と思うとまた獲れ、もう終わりかと思うと、また獲れる、この繰り返し。
一体、いつまで続くのか?多くの人が疑問を投げかけるが、その答えは出ていない。
そして同じくよく聞かれるのが、こんなに「ブリ(ワラサ}」が獲れた事ってあるの?異常気象じゃないの?天変地異の前触れじゃないの?ということだ。
答えとしては、昔はもっと獲れていたと言うこと。つまり話は至極単純で、海が豊かだった時代にはもっと海には魚が泳いでいたと言うことになる。つまり今年の大漁の仕組みについて遡って考えてみれば、今から4年前、三陸沖で発生した東日本大震災により起きた福島第一原子力発電所事故の影響で、高濃度汚染水が海へ放出されたのを受けて、千葉県太平洋岸から岩手沖に至る広範囲で行われた漁業の自粛によって多く生き残った「ブリ」が親となり産卵、その広範囲で大量発生した稚魚が4年を経て「イナダ」から「ワラサ」となり、一部が「ブリ」となって、今年多く相模湾へ回遊したということになる。卵が多ければ、稚魚も多くなり、海に魚が多くなるってだけの話である。
この群れは我々の想像以上に大きく、また広範囲にわたっている。群れの終わりはまだハッキリと見えてこないが、平均目廻りが以前よりも2廻りほど小さくなってきた今、もう終わるだろうと思っては・・いる。
断っておくが、漁業自粛を受け発生した稚魚ではあるが、放射能汚染など間違ってもされてはいないので、誤解しないように書き添えておく。
posted by にゃー at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック