2018_fespos.jpg

2015年05月22日

飛んで異端ブールな魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 1.7トン、ウルメイワシ 110キロ
       カタクチイワシ 1トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 160キロ、メジナ 150キロ
「原辰」定置:ウルメ 80キロ、カタクチイワシ 150キロ
「江の安」定:アジ 30キロ、マルアジ 30キロ
「二宮」定置:アジ 110キロ、サバ 60キロ
「福浦」定置:ワラサ 6.3トン、イナダ 300キロ
「大磯」定置:サバ 220キロ、カタクチイワシ 320キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 490キロ、スルメイカ 170キロ
「山下丸網」:イナダ 2.5トン、イサキ 450キロ
       アジ 60キロ、ワラサ 300キロ
「熱海丸網」:サバ 60キロ、アカカマス 100キロ
「下田釣船」:釣キンメダイ 420キロ

「福浦」で「ワラサ」が獲れる季節が参りました。さんざん他の海で暴れ回った大物たちが、疲れを癒やしに還る町。まさか湯河原温泉に湯治に来たわけでもないだろうが、他で「ブリ(ワラサ)」の姿を見かけなくなった頃、ここ「福浦」の町は「ワラサ」で活気づくのである。嬉しい誤算か、困ったはぐれ者か。いずれにしてもまとまった漁をするから目立つのである。恨まないのがルール・・である。
人も同じ事、何か他と違った光るモノを持った人間は、ここ一番で強いのである。
posted by にゃー at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック