魚体中骨抜き器販売中

2015年05月23日

魚を追って魚市場まで

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 190キロ、サバ 80キロ
       アジ 80キロ、ウルメイワシ 70キロ
「石橋」定置:アジ 1.9トン、ウルメイワシ 160キロ
       ホウボウ 60キロ、ワラサ 80キロ
       サバ 110キロ、スルメイカ 110キロ
「 岩 」定置:メジナ 180キロ、アジ 90キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 100キロ、ウルメ 70キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 30キロ ほか
「二宮」定置:サバ 180キロ、ワラサ 50キロ
「福浦」定置:ワラサ 6トン ほか
「大磯」定置:カタクチイワシ 230キロ ほか

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 400キロ、イサキ 250キロ
       アジ 60キロ、サバ 70キロ
「熱海丸網」:サバ 70キロ ほか
「川奈杉本」:イナダ 100キロ、メジナ 80キロ
       クロダイ 50キロ

和歌山 ・・・ 釣カツオ 1.6トン

ズドドンと今朝のメインは昨日に引き続いての「福浦」の「ワラサ」。
このペースになるともはや一方的で、一週間くらい続く傾向があるのだが、果たして今年はどうなるか?
釣船による「カツオ」の水揚げもこれからますます本格的になり、ペースが上がりそうな予感。梅雨の前まで、天気が良いうちは釣りまくるそうです。魚も大きいけど、期待も大。
posted by にゃー at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック