魚体中骨抜き器販売中

2015年06月04日

魚市場は魚のウッドストック

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 170キロ、サバ 280キロ
       スルメイカ 80キロ、小サバ 200キロ
       クロマグロ 67キロ
「石橋」定置:アジ 1.2トン、サバ 660キロ
       マルアジ 70キロ、シイラ 160キロ
「 岩 」定置:アジ 210キロ、サバ 380キロ
       マルソウダ 400キロ、シイラ 500キロ
       アカカマス 60キロ、小サバ 480キロ
「原辰」定置:シイラ 110キロ ほか
「江の安」定:アジ 40キロ、カタクチイワシ 40キロ
       ウルメイワシ 60キロ
「二宮」定置:アジ 80キロ、サバ 850キロ
       ワラサ 200キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 500キロ、ワラサ 190キロ
       サバ 780キロ、シイラ 140キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:シイラ 630キロ、メジナ 60キロ
「網代定置」:アジ 2.5トン
「山下丸網」:アジ 830キロ、小ムツ 60キロ
「熱海丸網」:アカカマス 130キロ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ、トコブシ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:ワラサ 320キロ
「江ノ島網」:アカカマス 30キロ ほか

「マグロ」を含めた大物アーティストと「アジ」や「サバ」など地元の定番メンバー出場と各地方出身の個性派も含めた多種多様な豪華共演が実現したこの舞台。ジワリジワリと相模湾へ近づいてきた黒潮というニューウェーブを先取りしたかのような先進のパフォーマンスとエンターテインメント。前線の刺激を受けた気圧の変化も相まって、ますます刺激的な日々が続くでしょう。そして、魚にとっての愛と平和の祭典は市場を舞台に永遠に続くのです。
posted by にゃー at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック