2015年06月13日

魚の観念で魚市場は動かない

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 50キロ ほか
「石橋」定置:アジ 140キロ、カタクチイワシ 80キロ
「 岩 」定置:シイラ 120キロ、カタクチイワシ 120キロ
       ワラサ 190キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 3.1トン ほか
「江の安」定:アジ、小イカ ほか
「二宮」定置:アジ 770キロ、サバ 220キロ
       ワラサ 70キロ
「福浦」定置:ワラサ 3.8トン、イナダ 800キロ
「大磯」定置:カタクチイワシ 180キロ、サバ 310キロ
       ウルメイワシ 130キロ、アジ 100キロ
       ワラサ 70キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:シイラ 620キロ ほか
「山下丸網」:イナダ 1.8トン、ワラサ 130キロ
       イサキ 70キロ
「土肥釣船」:トビウオ 110キロ
「川奈杉本」:シイラ 70キロ ほか
「沼津底曳」:小イカ 70キロ ほか

 東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 150キロ
「湘南地引」:アカカマス 40キロ

おおっ!ついに湘南の煌めき「生シラス」が顔を出した。
まだ江ノ島周辺でしか獲れていないようで、しかも獲れ始めて間無しということもあり、すぐに獲れなくなるかもしれない。このまま相模湾一帯で獲れるようになると良いが、どうも湾内の潮回りが良くないせいか、魚全体思うように獲れてこない。夏枯れと言うには早いまだ6月というのに、交流戦のDeNAかと思うくらいの絶不調であり、心配なのはむしろこちらの方である。なんとか早いスランプ脱出を願いたいものである。
posted by にゃー at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック