2018_fespos.jpg

2015年06月16日

とびだせみんなの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 200キロ、サバ 70キロ
「石橋」定置:アジ 530キロ、ウルメイワシ 150キロ
「 岩 」定置:アジ 220キロ、ワラサ 140キロ
       ウルメイワシ 130キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 460キロ、サバ 110キロ
       ウルメイワシ 250キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 300キロ、ウルメイワシ 510キロ
       サバ 110キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アカカマス 400キロ、サバ 760キロ
       アジ 90キロ、ウルメイワシ 200キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ワラサ 820キロ
「網代定置」:イナダ 1トン
「川奈釣船」:釣キンメダイ 100キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 60キロ ほか
「土肥釣船」:トビウオ 90キロ
「山下丸網」:ワラサ 80キロ、イナダ 60キロ

 東方面からは、
「湘南地引」:アカカマス 35キロ
「江ノ島網」:サワラ、サゴシ ほか

和歌山 ・・・ 釣カツオ 250キロ、釣キハダ 180キロ
小田原 ・・・ 活マゴチ 60キロ

6月になってから売り場を賑わせてくれる土肥の「トビウオ」。週末には観光用に「トビウオすくい」の船が出ている(今年は残り全席満員)とか。今年は好漁続きで大盛況のようです。青々としてスラリとした魚体は、伸張した胸ビレとのバランスがグライダーのようであり、市場に夏らしさの空気を運んでくれます。
食べても塩焼きや刺身、なめろうなど夏の味覚としても大注目の魚となっております。
「イワシ」や「カマス」、「イサキ」とならんで夏の食卓を彩る地魚として、お買い求め下さい。
もちろん「小田原アジ」もお忘れなく。
posted by にゃー at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック