魚体中骨抜き器販売中

2015年06月19日

錠剤買うより魚市場で魚買え

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 230キロ、サバ 60キロ
       アジ 50キロ、ウルメイワシ 70キロ
「石橋」定置:アジ 120キロ、カタクチイワシ 230キロ
       サバ 80キロ、ウルメイワシ 70キロ
「 岩 」定置:カタクチイワシ 1.3トン、ウルメ 70キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 1トン、ウルメ 70キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 500キロ、アジ 30キロ
「二宮」定置:アジ 420キロ、カタクチイワシ 130キロ
       ワラサ 90キロ、ウルメイワシ 140キロ
「福浦」定置:ワラサ 650キロ、ワカシ 350キロ
「大磯」定置:サバ 600キロ、ワカシ 530キロ
       アカカマス 170キロ、ワラサ 250キロ

 伊豆方面からは、
「網代定置」:イナダ 700キロ、アジ 500キロ
「山下丸網」:イサキ 560キロ、アジ 40キロ
「熱海丸網」:カタクチイワシ 100キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 60キロ

 東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 100キロ
「二宮沖曳」:生シラス 50キロ
「江ノ島網」:ワカシ 230キロ ほか

和歌山・・・釣キンメダイ 320キロ、釣カツオ 1.3トン

♪「イワシ」「イワシ」「イワシ」〜
「イワシ」を食べると〜
からだ、からだ、からだ〜
からだに良いのさぁ〜
変な薬を輸入するより、「イワシ」を団子にして食べた方がよっぽど体が気持ちいい。
というわけで、とかく体に良いと言われる青魚の代表「ヒコイワシ(カタクチイワシ)」が増えてきました。
近年は減少傾向にあった水揚げですが、まったく獲れないわけではありません。最近獲れる「生シラス」もこの「カタクチイワシ」の稚魚が多く、また増えてくるのでしょうか。
その他、湘南方面からは「ワカシ」の姿も目立って参りました。
posted by にゃー at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック