2015年06月30日

魚市場ンゴゴゴゴゴ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 200キロ、小サバ 640キロ
       カタクチイワシ 100キロ、サバ 220キロ
「石橋」定置:アジ 780キロ、カタクチイワシ 120キロ
       サバ 290キロ、シイラ 90キロ
「 岩 」定置:シイラ 680キロ、ワカシ 60キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:シイラ 310キロ、カタクチイワシ 200キロ
「二宮」定置:アジ 900キロ、サバ 170キロ
       ワカシ 200キロ、ワラサ 60キロ
「福浦」定置:ワラサ 180キロ、シイラ 2.8トン
「大磯」定置:サバ 540キロ、アカカマス 470キロ
       アジ 280キロ、ワカシ 90キロ
       小サバ 120キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 730キロ、ワラサ 100キロ
       サバ 160キロ、アジ 60キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 90キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 180キロ、シイラ 4.2トン
「二宮沖曳」:生シラス 40キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 220キロ
「湘南地引」:アカカマス 100キロ

何かが近づく気配。それが雨なのか波なのか、市場の誰にもわからない。
下田では蝉がもう鳴いているという。箱根の民は4%の可能性に泣き、小田原ではアブラゼミが大暴走。安全神話の崩壊と不安と恐怖の世の中に、重箱の隅をツクツクホウシが鳴き出した。
永田町では民主主義を挑発せんとミンミンゼミが啼いている。
そして明日、あの号泣会見から一年が経とうとしている。
posted by にゃー at 12:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(大涌谷、箱根火山2ch)
で検索して見たのですが
殆ど言論テロ、でした。
Posted by ブリトニー at 2015年07月01日 21:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック