魚体中骨抜き器販売中

2015年08月07日

姓は小田原、名は魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 340キロ、サバ 380キロ
       ヤマトカマス 80キロ、ワカシ 80キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 110キロ、ウルメイワシ 60キロ
「原辰」定置:マイワシ 290キロ、サバ 130キロ
       ヤマトカマス 100キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ウルメイワシ 140キロ ほか
「福浦」定置:サワラ 140キロ、サゴシ 1トン
       サバ 360キロ
「大磯」定置:アジ 140キロ、ワカシ 50キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 470キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 80キロ、ヤマトカマス 70キロ
「平塚定置」:サバ 70キロ

サメ」の泳ぐ海岸で遊泳禁止が相次ぐ中、「んも〜、うしょでしょ。」と言いたくなるほどの猛暑日続き。
海も市場も完全に夏シフト。定置網も釣船も量少なく、水揚げも手早い、競りも早くて、積み込みもあっと言う間、お陰で市場が片付くのも早い。結果的に第一試合からゆっくり観られる、完全に甲子園シフト。
朝のスッキリした青空に響く試合開始のサイレンのなんと胸のすく事か。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック