2015年08月08日

ここはどこの魚市場じゃ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 200キロ、ウルメイワシ 150キロ
       ヤマトカマス 180キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ウルメイワシ 150キロ ほか
「原辰」定置:ウルメイワシ 130キロ ほか
「江の安」定:ウルメイワシ 210キロ、サバ 140キロ
       ヤマトカマス 320キロ
「二宮」定置:アジ 160キロ、アカカマス 210キロ
       サバ 160キロ、カタクチイワシ 120キロ
「福浦」定置:サゴシ 4.8トン、サワラ 170キロ
       サバ 120キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 360キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ

夏休みも真っ只中にあって観光地需要も増してくる中、小田原に「アジ」の水揚げが少ないというのは実に困った出来事であり、それを目当てに来られている人たちの事を考えると申し訳ないやら、次があるさと励ましたいやら。
辛うじて東方面で獲れている「アジ」だが、大磯の「湘南定置」に発生したトラブルのために漁獲はさらに少なくなっている状況にあります。結果、値段は高くなり、ますます我々の口に入らなくなるという悪循環なのですが、ま、ここは無理して食べる必要ないですよと強がりながら、旬の「イワシ」や「サバ」といった夏の魚を物色をお勧めしたい。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック