2018_fespos.jpg

2015年08月13日

魚市場のハイパーインフレ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 260キロ、ワカシ 220キロ
       ウルメ 110キロ、ヤマトカマス 110キロ
「石橋」定置:アジ 100キロ、ヤマトカマス 120キロ
       サバ 190キロ、小サバ 260キロ
       ウルメ 120キロ、ワカシ 60キロ
「 岩 」定置:ワカシ、ヤマトカマス ほか
「原辰」定置:マイワシ 340キロ、カタクチイワシ 100キロ
       ウルメ 50キロ、ヤマトカマス 60キロ
「江の安」定:カタクチ 310キロ、ヤマトカマス 60キロ
「二宮」定置:アジ 260キロ、小サバ 260キロ
       サバ 360キロ
「福浦」定置:サゴシ 500キロ、サバ 310キロ
       ワカシ 120キロ
「大磯」定置:アジ 60キロ ほか

 伊豆方面からは、
「西伊豆釣」:釣イサキ 70キロ ほか

 東方面からは、
「佐島釣船」:釣カツオ 340キロ
「平塚定置」:アジ 170キロ

まさに魂の帰還。迎え火が効いたのか、魚市場には「あの船」が帰ってきていた。
あれから2年になんなんとするこの連休前。計ったように決めた御蔵からのロングシュートは、GPS的正確さをもって、まさに決定的なゴールを決めたと言えるだろう。
獲れ獲れの「カツオ」は活きも良く、身もブリブリ。この連休に待ってましたと値も良し。コレを期待通りと言わずして何と言おう。連休明けも期待。
それにしても今朝は、普段3桁の魚が4桁するのは当たり前として、4桁が5桁、2桁が3桁するなど、軒並みの高値続出で、買受人はその現実を受け入れるまで戸惑いを隠せない状態となっていた。
確かにここ数日の魚不足は深刻で、網の復活もあり船の復活もありと言う中でやっとこの魚の集まりですから、いかに今、魚が獲れていないか、お分かりいただけると思います。
みなさんもこの三日間は、船出して、良い魚釣ってきて、休み明けの市場で勝負してみませんか。おそらく連休明けはダレるでしょうが。

今日のイセエビ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック