2015年08月18日

朝凪の青魚喚魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 750キロ、ヤマトカマス 230キロ
       マイワシ 100キロ、小サバ 2.2トン
「石橋」定置:アジ 80キロ、サバ 330キロ
       ヤマトカマス 260キロ、小サバ 960キロ
「 岩 」定置:サバ 100キロ ほか
「原辰」定置:サバ 160キロ、マイワシ 220キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 70キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバ 230キロ、マイワシ 80キロ
       ワカシ 50キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 100キロ、小ムツ 100キロ
       メアジ 60キロ、ワラサ 50キロ
「川奈杉本」:ヤマトカマス、活メイチダイ ほか
「西伊豆釣」:釣アカムツ、釣イサキ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 400キロ
「江ノ島網」:小アジ 70キロ、小シイラ 95キロ
       ヤマトカマス 50キロ

昨日の藤沢の突風に驚きつつ、小田原でも夜には「いきものがかり」から「三浦しをん」になって、定置網は一部休漁も出ました。
そして魚は増えてこないままに、むしろ減る傾向にあり、揚がってくるのは「ゴマサバ」や「小サバ」の類ばかり。ついこの間までは「イワシ」類などの青魚が市場を支えていたが、ここへ来て期待できそうなのは「ヤマトカマス(ミズカマス)」くらいなものと言う状況。それでも今年は「カマス」の出現が遅く、量が増えてくるかどうか心配する人もいるものの、大方いずれ増えてくると楽観するのが、変な心配をしなくて済むとして心的ストレスの面からも常套手段となっています。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック