魚体中骨抜き器販売中

2015年08月25日

毎度魚市場のご愛顧に感謝

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 120キロ、ヤマトカマス 520キロ
       アイゴ 300キロ、サバ 210キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 270キロ、サバ 240キロ
       ニザダイ 200キロ、マイワシ 920キロ
「 岩 」定置:サバ ほか
「原辰」定置:マイワシ 220キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 100キロ、アイゴ 400キロ
「二宮」定置:イシモチ 160キロ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバ 240キロ、マイワシ 300キロ
       イシモチ 150キロ

 伊豆方面からは、
「網代定置」:ワカシ 140キロ ほか
「沼津底曳」:マダイ、イトヨリ ほか

愛子と言えば、昔「道傳」、今「内親王」と言われるが、ここ小田原では昨日に続き「アイゴ」の大群が来襲した。
いずれの個体もそれぞれ卵巣、精巣が発達しており、産卵による集団行動と見られ、それも近年見たことの無いほどのまとまり方である。確かにここ数年、小さな「アイゴ」が磯周辺で群泳しているのを見かけ、早川漁港内でも見たことはあったが、まさかその世代がそのまま大きくなり、またその数をも増してくるとは。油断とは恐ろしいものである。
この「アイゴ」、基本的には未利用魚として知られるが、昨日は干物を製造、本日は若干量を首都圏方面に出荷した。干物はけっこう良い味で癖も無く、心配された臭みも感じなかった。名前を聞かずに食べたら、上品な白身の干物として一定の評価が期待できる品質であった。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック