魚体中骨抜き器販売中

2015年08月27日

特大カゴカキダイ

20150827_kagg1.JPG
あまりの大きさに感動で手が震えて魚がブレてます

これはズッシリ、どデカイ「カゴカキダイ」です。
この大きさなら腹一杯食べられます。

黄色と黒の縞模様が可愛らしい「カゴカキダイ」も、これだけ大きくなるとラインの太さも増して迫力満点。
虎模様か鬼のパンツか、厳ついくらいの印象を与えます。

20150827_kagg2.JPG
魚のアップがコチラ


軽く25センチに達しようという超特大サイズ、ここまで大きい個体は今までに見た事がありません。

はるかニューギニアの火力発電所より100万ボルトの電線をひた走りやってきたのは「デンセンマン」ですが、この「カゴカキダイ」は、はるか南の海から黒潮に乗ってはるばる泳いできたのかもしれません。
遠い海と小田原を結ぶ縁にロマンを感じます。

一般的に獲れる大きさは10センチから大きくて15センチ。市場でも外道とか未利用魚などと言われる魚ですが、綺麗な身は刺身で食べると10人が10人「おいしい」と言う魚です。干物にしても脂があるので、珍味としてファンの方には大変人気があります。

ただ今年辺り、旬と言われる夏の時期にいつもより漁獲が少ない所が気に掛かかるのですが、もう少し期待して待ってみたいと思います。
posted by にゃー at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック