2018_fespos.jpg

2015年09月25日

目標は1億匹総活躍魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 480キロ、サバ 180キロ
       イナダ 290キロ、アジ 70キロ
       サクラエビ 60キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 140キロ、サバ 90キロ
       イナダ 80キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 390キロ ほか
「原辰」定置:ヤマトカマス 100キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 90キロ、ウルメ 70キロ
「二宮」定置:ヤマトカマス 90キロ、サバ 230キロ
       小クロシビカマス 100キロ
「福浦」定置:サワラ 120キロ、イナダ 160キロ
「大磯」定置:サバ 280キロ、マイワシ 600キロ
       小サバ 100キロ、ショウゴ 70キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ヤマトカマス 120キロ ほか
「沼津底曳」:アジ、アカカマス ほか
「網代釣船」:釣イサキ 20キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 50キロ、釣アカハタ 25キロ
「川奈杉本」:ヤマトカマス 120キロ、ショウゴ 40キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:イナダ 100キロ ほか
「佐島釣船」:釣カツオ 120キロ、釣キメジ 70キロ
       釣スマ 50キロ

朝からの雨で、どこも水揚げは低調気味。魚のご機嫌も斜め模様。
「新三本の矢マトカマス」を用意してと思ったら、この漁激減、ワーゲン大変。
今朝の目玉は秋に獲れ出した「サクラエビ」。獲れるとすれば深いところが得意な「米神」定置なのだが、この季節これだけまとまることは珍しい。駿河湾に面した静岡県由比の名物として広く知られる「サクラエビ」だが、今は禁漁期と言うこともあり高値は必至。おそらく今、日本で唯一”生鮮”流通している漁場であろう。
貴重なエビだけに、一匹一匹丁寧に選別して漏らさず集めて計量、上場する漁師の姿は涙ぐましくも頼もしいものであった。
そして、同じ網には僅かだが「ホタルイカ」も獲れており、深海からの湧水がもたらす相模湾の幸の奥深さに改めて脱帽するばかりであった。

今日のイセエビ・・・ 70キロ
posted by にゃー at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック