2018_fespos.jpg

2015年09月29日

ひとつ魚市場の屋根の下

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 2.1トン、サバ 130キロ
       アカカマス 200キロ、マルソウダ 640キロ   
「石橋」定置:ヤマトカマス 4.3トン、サバ 190キロ
       アカカマス 1トン、マルソウダ 960キロ       
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.2トン、サバ 300キロ
       アカカマス 400キロ、マルソウダ 140キロ
       小サバ 110キロ、ウルメイワシ 80キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 500キロ、マルソウダ 380キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 950キロ、サバ 80キロ
       アカカマス 250キロ、マルアジ 100キロ
「二宮」定置:サバ 1トン、小サバ 2.3トン
「福浦」定置:ワラサ 180キロ、ワカシ 170キロ
       ヘダイ 110キロ、アジ 50キロ
「大磯」定置:ヒラソウダ 100キロ、サバ 50キロ

 伊豆方面からは、
「西伊豆釣」:釣イサキ 180キロ ほか
「網代定置」:アジ 600キロ、メジ 460キロ
「沼津底曳」:アジ 200キロ、アカカマス 80キロ
「真鶴定置」:シイラ 470キロ、マイワシ 110キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ
「三崎釣船」:釣クロムツ 75キロ
「江ノ島網」:ワカシ 300キロ、タチウオ 50キロ

俄然その存在感を増してきた「アカカマス」の弟分「ミズカマス(ヤマトカマス)」。我々は「チー兄ちゃん」と呼んでかわいがってきた魚だが、友人関係から始まり、数年前より商売を介したお付き合いが続いていく中で、いつしか市場を支え合う存在として意識するようになっていた。
そして、お互いほぼこの世界しか知らず、未熟な所も多々あるかと思われるのであるが、魚屋さんの皆様を始め、仲買人や関係者の皆様にご指導ご鞭撻を頂きながら、ささやかながらも明るい魚市場を築いていければと思っているのか、いないのか・・。
いずれにしても「そこにアジはあるのかい?」とあんちゃんの声が聞こえてきそうな気がする。

今日のイセエビ・・・ 35キロ
posted by にゃー at 14:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回は福山結婚で来ましたか。面白かったです。
ヤマトカマスはアカカマスより沖合性が強いんでしょうか?
今年は多いですね。
Posted by イクチィ at 2015年09月30日 11:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック