2015年09月30日

新しい魚市場の追加種目

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 700キロ、ウルメ 80キロ
       マルソウダ 1トン、アカカマス 250キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マルソウダ 600キロ、シイラ 130キロ
       ヤマトカマス 220キロ、ウルメ 60キロ
       アカカマス 130キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:イボダイ 100キロ、サバ 210キロ
       ヤマトカマス 110キロ、マルアジ 60キロ
       小サバ 1.4トン、マルソウダ 850キロ
「福浦」定置:アジ 400キロ、メジ 230キロ
       オキアジ 280キロ、シイラ 360キロ
「大磯」定置:サバ 740キロ、小サバ 110キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 540キロ、イナダ 80キロ
「網代定置」:アジ 830キロ
「沼津底曳」:アジ 150キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 30キロ
「佐島釣船」:釣カツオ 560キロ ほか

伊豆方面から「アジ」の便りが届き、さらに「大磯」から良い「サバ」が獲れました。
「ましゃ」いや「マサバ」、「ゴマサバ」ともに獲れ、最近ずっと「小サバ」が続いていた状況を遂に打破。
他に各地の網で少ないが良型の「イボダイ」が散見、さらには「オキアジ(モクアジ)」や「メジ」がまとまるなど、魚種は増える一方。
明日から10月、次々追加漁獲される新しい魚種に注目が集まる。

今日のイセエビ・・・ 若干
posted by にゃー at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック