2015年10月17日

鉄人、魚市場に帰る

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 220キロ、イボダイ 370キロ
       マルソウダ 360キロ、小イサキ 240キロ
       シイラ 140キロ、サバ 480キロ
       小サバ 5.8トン、ヒラソウダ 870キロ
       ヤマトカマス 140キロ、ショウゴ 80キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:イボダイ 390キロ、ウスバハギ 360キロ
       ショウゴ 90キロ、ヤマトカマス 200キロ
       アカカマス 130キロ、ヒラソウダ 60キロ
「原辰」定置:ウスバハギ 430キロ、ショウゴ 80キロ
       ヤマトカマス 60キロ
「江の安」定:ウスバハギ 460キロ、ショウゴ 80キロ
「二宮」定置:イボダイ 410キロ、小サバ 610キロ
       サバ 190キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 270キロ、イナダ 300キロ
       マイワシ 130キロ、アカカマス 110キロ
       ヒラソウダ 60キロ
「大磯」定置:小サバ 400キロ、サバ 380キロ
       ウスバハギ 110キロ

 伊豆方面からは、
「西伊豆釣」:イサキ 90キロ、トビウオ 50キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 80キロ ほか

28号でもなければ、カラオケでもない。ルー・テーズでもなければ、衣笠でもない。そしてもちろん新監督でもない。
魚市場に溢れたのは週末を前にして、次々現れる地魚を前にしてしこたま買い付ける「金失い人」のことである。しかし、金は天下の回り物。使ってこその金である。手元を離れたお金は、誠実に使えば使うほど、自分の元へと帰ってくる。
それはもちろん金色に輝く「地アジ」についても言えること。輝く「金アジ」を広く人々に食べてもらうことが出来れば、多くの人はリピーターとなり、再び漁港に現れるだろう。そして同じく、獲れるべき魚たちも帰ってくることだろう。私はその日を待っている。

今日のイセエビ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック