2015年10月17日

活イットウダイ

20151017_itto.JPG
海の石川五右衛門

「一刀鯛」こと「イットウダイ」です。


名前の由来はエラの下部に付いた大きな棘。

「厚労省の赤シャツ」ではなく、こちらは「岩陰の赤シャツ」か。
その強烈な深紅は、対照的な白のストライプとのコントラストで、見た目に鮮やか。

分布は南日本と言われ、水族館では見たことがあるが、漁港で見かけたのは今日が初めてである。
伊豆半島の釣り漁師が持ち込んだ。

先日も同じく伊豆の定置網で獲れ、紹介させていただいた「テリエビス」やたまに刺網に掛かる「エビスダイ」や「カイエビス」などの仲間である。
そのいずれもが属するのが「キンメダイ目イットウダイ科」であり、そこから「エビスダイ属」や「イットウダイ属」、「アカマツカサ属」へと派生する。

特にこの仲間は鎧のように硬い鱗の変化した外殻に覆われており、包丁で下ろそうと思っても一筋縄ではいかない。ただ、その下には綺麗な純白の身が隠れており、大変美味しいと言われている。
しかし、食べた人も少ないであろうこの魚だが、丈夫なこともあり観賞用としても人気があるようだ。確かにクリクリと大きな目をした顔は愛嬌があり、しかも見た目に美しいとなればそれも頷ける。

本気で食べようと思ったら、それなりの出費を覚悟した方が良さそうだ。
posted by にゃー at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック