2018_fespos.jpg

2015年11月26日

魚市場の青春に悔なし

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 420キロ、ヤマトカマス 90キロ
       アカカマス 1.2トン、小イサキ 200キロ
       サバフグ 310キロ、マルアジ 420キロ
       ウルメイワシ 160キロ、サバ 270キロ
       メアジ 340キロ、カタボシイワシ 130キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アカカマス 180キロ、イサキ 100キロ
       サバ 70キロ、ヤマトカマス 50キロ
       メジナ 50キロ
「原辰」定置:ヒラソウダ、カゴカキダイ ほか
「江の安」定:マルアジ 50キロ、サバ 40キロ
「二宮」定置:アカカマス 60キロ ほか
「福浦」定置:メアジ 250キロ ほか
「大磯」定置:アジ 40キロ ほか

 伊豆方面からは、
「西伊豆釣」:釣イサキ、釣活マダイ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 30キロ
「江ノ島網」:アカカマス 45キロ ほか

思い出すのは魚が多かった頃の岸壁の姿、賑やかだった競りの風景。活気ある港の喧噪。そんな絶頂の記憶を人々は忘れずに覚えているものだ。気がつけばあれだけ獲れていた「マルソウダ」類や「小サバ」も姿を消し、ボリュームは萎むばかり。気がつけば暮色、まるで衰えた。
そんな姿を見せずに表舞台から消える、それも一つの選択肢だ。それを人は伝説と呼び、そして永遠の処女は永遠の幻となった。日本一の看板を誇る築地も一年足らずで新天地へと遷る、人の記憶とコンクリートの塊を残して。
泡に消ゆ 河岸の賑わい 大海に・・
posted by にゃー at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック