2016年01月05日

先生ばかりが住んでる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:オアカムロ 840キロ、小サバ 5トン
       イナダ 350キロ、サバ 540キロ
       イサキ 70キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 410キロ、スルメイカ 160キロ
       ヤリイカ 80キロ
「原辰」定置:サバ 130キロ、小サバ 250キロ
「江の安」定:マルアジ 80キロ、小サバ 130キロ
       サバ 70キロ、オアカムロ 50キロ
「二宮」定置:活イシダイ 30キロ ほか
「福浦」定置:イナダ 170キロ、ワラサ 100キロ
       サバ 190キロ
「大磯」定置:サバ 280キロ、アジ 50キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ・ワラサ 500キロ
「富戸釣船」:釣スルメイカ 40キロ
「西伊豆釣」:釣ヒラスズキ 20キロ ほか

小田原  ・・・  釣アブラボウズ 240キロ(4本)

20160105_sayhny.jpgお正月だよ、シャンシャンシャン。先生たちがみんな揃って選手宣誓。今年は昨年から続く貧漁の打開と集荷の拡大を当面の課題として、年度に掛けて小田原漁港(早川漁港)の新港事業の進展や東京・築地市場の豊洲移転対策と年を通して慌ただしい動きが予想される為、例年にも増してピリピリとした雰囲気が伝わって参りました。
肝心の今朝の初荷の様子についてですが、定置網の魚は「米神」定置で「小サバ」がまとまり、「オアカムロ」が珍しくまとまった他は、刺網の「ヒラメ」も含めて、全体的に少ない量にとどまった。5日という休みが続き、しかも好天が続いたにも関わらずこの漁に止まったと言う事は、昨年からの貧漁を引きずった形が顕著に表れたと言え、よほど沿岸を回遊している魚が少なくなっている事が考えられる。
今後は魚を沿岸に呼び込む先生の登場を期待したい所なのだが、そうなるといよいよ雨乞いならぬ、魚乞いをする必要に迫られる事になりかねないので、なんとしてもそれは避けなければならないと考えるのである。

今日のヒラメ・・・ 211枚
posted by にゃー at 13:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・おあか、、
年初から深海魚ですか〜
育てる漁業は40年前の
流行り言葉だったような

毎日美味しいお魚
ありがとうございます

午前中に好みの部位が
買えたときはイェーイ
ゲットだね!

基本早い者勝ちだもんね

Posted by west pacific vorticity at 2016年01月05日 19:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック