2016年01月15日

魚市場はサバルスを唱える

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 220キロ、小サバ 200キロ
       メジマグロ 40キロ、イナダ 100キロ
「石橋」定置:サバ 250キロ、小サバ 300キロ
       アカカマス 60キロ、イナダ 50キロ
「 岩 」定置:イシダイ 50キロ、サバ 200キロ
「原辰」定置:ウスバハギ 120キロ、サバ 110キロ
       イシダイ 60キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:メアジ 350キロ ほか

 伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 980キロ、スルメイカ 60キロ
「沼津釣船」:モクズガニ 40キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 40キロ

厳しい寒さを乗り越えて「ブリ」に「メジマグロ」、そして「イシダイ」やら「アンコウ」の美味しい魚が出てきたりして市場的には良い流れ。今晩の「バルス」祭りを乗り越えて、「サバ」の集中から留守へと群れを逃がすことが出来れば、いよいよ本格的な冬の味覚大集合も夢では無い。

今日のヒラメ・・・ 125枚
posted by にゃー at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック