2018_fespos.jpg

2016年01月23日

寒波と鮮魚の魚市場対決

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 80キロ、活ヤリイカ 40キロ
「石橋」定置:サバ 90キロ、アカカマス 50キロ
「 岩 」定置:スルメイカ、サバフグ ほか
「原辰」定置:サバ、ヤリイカ ほか
「江の安」定:サバ、ウスバハギ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 110キロ、カタクチイワシ 350キロ
       サバ 350キロ、ウルメイワシ 70キロ
「大磯」定置:メアジ 50キロ ほか

 伊豆方面からは、
「伊豆釣船」:釣キンメダイ 75キロ、釣メダイ 70キロ
       釣クロムツ 70キロ
「沼津釣船」:釣タチウオ 140キロ ほか
「川奈杉本」:メアジ 70キロ ほか

小田原(素潜)・・・ マナマコ 170キロ

ブルッと震えりゃ、出るのはため息とお小水。
冬将軍のご機嫌麗しく、一気に増した真冬らしさは魚を呼んだ。
これからますます冬の魚が増えることは間違いない。
ただし、寒いからって漁に出なけりゃ、獲れるものも獲れません。

今日のヒラメ・・・ 274枚
posted by にゃー at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック