2016年03月01日

ユメナマコ

20160301_orange.jpg
指先ほどのちいさな物体。
ナンジャコリャ?

オレンジ色の憎い奴・・・。


20160301_dreaming.jpg

聞けば「ヒラメ」狙いの刺網で良く掛かるらしい。
それも国府津沖の深いところでまとまるのだとか。

「クラゲ」の仲間かと言われたが、よく見ると触手やヒレのようなものも?

コレってもしや、深い海で一晩中踊り狂ってるフィーバー野郎こと「ユメナマコ」なんじゃなかろうか?

ま、条件的にいてもおかしくは無いと考えると、可能性は否定できないと思われます。

漁師によれば、これは水温が少しずつ上がってきた頃にまとまって網に掛かるのだとか。

深海に住むナマコの仲間で、大きいもので手のひらにまでなるそうだが、そこまで大きい個体は掛からない。どうやら生まれたばかりの個体が、湧昇流に乗って比較的浅いところまで上がってくるのだろう。

つまり、海の底から春がやって来ているという事なのか。努々信じられぬと言うことでも無さそうだ。

早くこの儚い生き物から教えられる春の接近に、魚たちが気付いてくれることを祈りたい。
posted by にゃー at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック