2016年03月03日

ユメザメ

20160303_dreamin.JPG
♪誰もが はじめての 自分をいま生きてる
朝焼けの彼方へ 向かう鳥のように
たどり着くどこかに なにがあるか見たい〜


昨年発売された加山雄三の曲「Dreamer〜夢に向かって いま〜」(作詞:松井五郎作曲:弾厚作)の一説にあるように、魚市場は当然獲れる魚が毎日違い、集う人の顔ぶれも異なる。相場も上下し、天気、気候さえ異なる。まさに日々、初めての魚市場を経験しているのであり、そこに新たな発見があり、未来が見える。

20160303_dreamer.JPGそして、この魚が見つめる先には一体何が見えたのだろうか?このサメが死ぬ直前に見たのは、黒い顔をした漁師の顔であったのかもしれない。
しかし、ギラギラとした目を持つ人が少なくなった今の日本で、執拗なまでに本命の「アブラボウズ」を追い求め、貪欲にも外道の「ユメザメ」さえも収穫として受け入れる野心。それこそ漁師としての本能以外に何と言えるだろうか。

20160303_ibarahige.JPGそして、また本命を求めて彼は船を出すだろう。
外道にめげず、見果てぬ夢を追い求めて。
posted by にゃー at 19:56| Comment(1) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
深海魚っぽくてかっこいい!
Posted by 波田純 at 2016年07月01日 11:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック