2018_fespos.jpg

2016年03月17日

魚市場は魚の人海戦術

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 440キロ、スズキ 250キロ
       小サバ 360キロ、スルメイカ 70キロ
「石橋」定置:サバ 160キロ、スズキ 70キロ
「 岩 」定置:ブリ 440キロ(56本)、サバ 400キロ
       小サバ 520キロ
「原辰」定置:サバ、ウルメイワシ ほか
「江の安」定:イシダイ 40キロ、サバ 120キロ
「二宮」定置:イシダイ 710キロ、サバ 370キロ
       小サバ 170キロ
「福浦」定置:アジ 50キロ、サバ 60キロ
「大磯」定置:サバ 500キロ、小サバ 400キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ボラ 200キロ ほか
「川奈杉本」:ボラ 680キロ ほか
「沼津底曳」:ニギス 290キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 20キロ ほか

 東方面からは、
「二宮沖曳」:生シラス 140キロ

「サバ」だ「ブリ」だ「スルメ」だ「イシダイ」だ。
「キンメ」に「ニギス」に「クロダイ」、「ボラ」と。
魚種と水揚げが増えてきて、気温も上昇、あわせてテンション上昇。
「アジ」の姿は見えないが、必ず来るだろうその姿。
満を持して来た時に、みんなでやさしく迎えてやろう。
その気持ちがあれば、きっと彼は現れる。

今日のヒラメ・・・ 291枚
posted by にゃー at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック