2018_fespos.jpg

2016年04月26日

ブリーズアップ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワラサ 230キロ、サバ 100キロ
「石橋」定置:ワラサ 1.4トン、イシダイ 100キロ
       アジ 70キロ
「 岩 」定置:ボラ 200キロ、ワラサ 130キロ
       イシダイ 100キロ
「原辰」定置:メジナ 80キロ、カタクチイワシ 50キロ
「江の安」定:メジナ、カタクチイワシ ほか
「二宮」定置:カタクチイワシ 160キロ、サバ 90キロ
       ワラサ 220キロ
「福浦」定置:ワラサ 330キロ、イナダ 250キロ
       サバ 100キロ
「大磯」定置:アカカマス 490キロ、サバ 990キロ
       アジ 50キロ、カタクチイワシ 100キロ

 伊豆方面からは、
「熱海丸網」:アカカマス 250キロ、マルアジ 240キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 45キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:イナダ 170キロ、ボラ 70キロ

和歌山 ・・・ 釣キンメ 420キロ、釣キハダ 430キロ

でも「ワラサ」は減り傾向か?
「アジ」の顔が見え始め、徐々に魚が代わりつつあるようだ。
このまま5月を境にガラリといく可能性もあるのではないか?
水温も上がりはじめ、黒潮でも入ってくれば一気でしょう。

今日のヒラメ ・・・ 98枚
posted by にゃー at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック